ゲオで格安4Kテレビ「ハイセンス43E65G」を購入♪【高コスパ4Kテレビを実際に使ってみた感想を紹介します】

生活

アフィリエイト広告を利用しています。

今や主流になってる4Kテレビ

家電量販店を見ても10万円を超える商品ばかりで、「4Kテレビなんて我が家にはまだ早いしそんなに必要ないかも……」「まだ使えるし32型の今のテレビで十分!」と、半ば4Kテレビの購入をあきらめていたムラサキコ。

しかし、今のテレビにはYouTubeやPrimevideoなどVODアプリがついておらず、ブルーレイレコーダー(これまた古い)を通して映像を見ていましたが、ネット動画を見るためにわざわざレコーダーを起動させなければならない手間や動作(反応)の遅さなど、使い勝手の悪さにヤキモキしていました。

つい先日PS5を購入したのをきっかけに、「せっかくPS5を購入したんだから、画質が良いテレビでゲームをプレイしたい!!」と猛烈に4Kテレビが欲しくなったムラサキコ。

「でもPS5とPSVRを同時に購入してお金が無いから4Kテレビにそんなにお金はかけられない……でも今すぐ欲しい!」とのわがままっぷり笑。

インターネットで調べたところ、どうやらゲオの「ハイセンス(Hisense)43E65G」という格安4Kテレビがムラサキコ家には最適解らしいということが判明しました。

「そういえばPS5を購入したときにゲオに4Kテレビが並んでいたな!」

というわけで、ゲオに直行。

ゲオの店舗に在庫もあり、すぐに持ち帰れました♪

というわけで、今回の記事では、

ゲオの格安4Kテレビハイセンス(Hisense)ってどんなところがおすすめなの?
ハイセンスの4Kテレビって本当にコスパがいいの?
ハイセンスは格安4Kテレビっていわれてるけど画質はキレイなの?
VOD(ネット動画配信サービス)をよく視聴するけど、ハイセンスのテレビってVODを視聴しやすい?
ゲオの格安4Kテレビのハイセンスってゲームプレイにも向いている?

そんな疑問を持つ人たちのために、ゲオの格安4Kテレビであるハイセンス43E65Gを実際に購入して使ってみた感想と、ハイセンス43E65Gの特徴やおすすめポイントを紹介します。

ゲオのテレビや格安4Kテレビの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください♪

ムラサキコがゲオのテレビ「ハイセンス43E65G」を選んだ理由

ハイセンス(Hisense)43E65G

そもそも、ムラサキコがゲオの格安4Kテレビ「ハイセンス(Hisense)43E65G」を購入した理由には、以下のようなものがありました。

  • PS5を購入したのでせっかくなら高画質でゲームを楽しみたかった
  • 一刻も早くキレイな画質のテレビでPS5をプレイしたかった
  • 使っているテレビが10年を経過していたので4Kテレビへの買い替えを検討していた
  • PS5とPSVR2を同時購入してお金が無かったので、できるだけ安い(コスパが良い)テレビが欲しかった(お金に余裕がなかったけれどどうしても高画質でPS5をプレイしたかった)
  • 余計な機能はいらない(使いこなせない)ので、とにかく安くて画質がそこそこで使いやすいテレビが欲しかった
  • 今使っているテレビは32型、大きすぎるテレビは欲しくないので43型くらいのテレビが欲しかった
  • すぐに欲しかった(店舗で購入して持ち帰りたかった)
  • VOD(ネット動画配信サービス)をサクサク見れるテレビが欲しかった

上記が、ムラサキコが4Kテレビの買い替えに希望していた条件。

PS5を購入したことで、急激に4Kテレビが欲しくなったという感じです笑。

いろいろと格安4Kテレビについて調べましたが、この条件すべてに合致していたのがゲオで販売しているハイセンス(Hisense)43E65G」でした。

「ハイセンス(Hisense)43E65G」に買い替えると決めてすぐゲオの店舗に直行したムラサキコ。

価格はセール中(2023年2月末時点)で税込47,080円、3年保証付き

ゲオの店舗に在庫もあり、スムーズに格安4Kテレビを購入できました♪

みなさんは上記の理由にどれくらい当てはまりますか?

当てはまる項目が多い人は、ゲオのハイセンス(Hisense)43E65G購入検討をおすすめします♪

ゲオの格安4Kテレビハイセンス43E65Gを使ってみた感想

リモコン

ゲオの格安4Kテレビ「ハイセンス(Hisense)43E65G」を使ってみた一番の感想は、「画質がキレイ!リモコン操作も簡単で使いやすい!」というものです。

あまりなじみのない家電メーカーだったので若干不安はありましたが、ハイセンス43E65Gを実際に使ってみたところ、「購入して良かった!」と素直に思えるテレビでした。

ゲオの格安4Kテレビ「ハイセンス(Hisense)43E65G」を使ってみた感想を、項目ごとに紹介します!

ハイセンス43E65Gの画質

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gの画質は、普通にキレイです。

地上波放送もゲーム画面も、価格を考えると素晴らしくキレイで大満足でした。

YouTubeやBSで4K動画も見てみましたが、「これが4K画質か~」と感心。

ただ、「家電量販店に展示されている4Kテレビには、もっとキレイな画質の商品があったな~」とは感じました。

4Kの画質に強いこだわりがあるという人には、ハイセンス(Hisense)43E65Gの画質は満足できないかもしれません。

しかし、43V型4Kテレビ税込47,080円の安さを考えると、お値段以上の商品といえるでしょう。

画像が普通にキレイでコスパに優れているのが、ゲオの格安4Kテレビハイセンス43E65Gのおすすめポイントです♪

ハイセンス43E65Gのリモコン操作

リモコン

ハイセンス(Hisense)43E65Gのリモコン操作は感度が良く、とても使いやすかったです。

「NETFLIX」「YouTube」「prime video」「hulu」「AbemaTV」「U-NEXT」の6つのVOD(ネット動画配信サービス)のボタンがリモコンについており、ワンプッシュでネット動画を楽しめます。

ネット動画アプリが立ち上がるまでの時間も短く、ストレスフリーでした♪

リモコン中央部分に「戻る」「終了」のボタンがあるので、前の画面に戻るのもアプリを終了させるのも簡単です。

「設定」ボタンもあり、映像メニュー(自動・ダイナミック・スタンダード・スポーツ・アニメ・映画・ゲーム・PC)などの映像設定もスムーズに変更できます。

一番上には「4K」のボタンもあり、4K放送もすぐに選択できるので便利です。

ムラサキコの前のテレビ(レコーダー)は、VOD(ネット動画配信サービス)のリモコン感度が悪くイライラしていましたが、ハイセンス43E65Gはリモコン感度が良くサクサク

VODを見る機会が多く、リモコン操作を簡潔にしたい人におすすめの4Kテレビといえますね。

ハイセンス43E65Gの初期設定

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gの初期設定は、とても簡単でした。

画面の指示にしたがって初期設定を進めるだけなので、とくに迷う部分もありません。

初期設定などの操作が苦手という人でも、ハイセンスのテレビは安心していいと思います。

ムラサキコも久しぶりのテレビ購入で「テレビの初期設定ってどうだったっけ?」と少し不安でしたが、あっという間にハイセンス43E65Gの初期設定は終わりました。

ハイセンス43E65Gの配線・設置

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gの設置時に必要な作業は、左右のスタンドの取り付けくらいでした。

スタンドをテレビ本体にはめて、4カ所ネジどめするだけなのでとても簡単です。

配線も説明書どおりにつなげばいいだけなので、難しくありませんでした。

ただ、1つ気になったのは、HDMIやUSBの入力(配線をつなぐ部分)が比較的中央部分に位置していること。

これまでのテレビは左右の端に入力が位置していましたが、ハイセンス43E65Gは真ん中よりに位置しているので、配線時に手が届きづらく若干苦戦しました。

どこに何の配線をつなぐのか初めに確認しておいたほうが、配線作業はスムーズでしょう。

ハイセンス43E65Gの設置・配線・初期設定を実際におこなった流れは、後ほど紹介します♪

ハイセンス43E65Gのデザイン・見た目

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gの見た目は、薄くてシンプルなデザインです。

ノンベゼル(Non-Bezel)デザインを採用しており、画面の縁がほとんどないため視聴中もテレビの枠が気になりません

ノンベゼルデザインのおかげで軽量なのも、ハイセンスの4Kテレビのおすすめポイントです(前の32型テレビのほうが重く感じました)。

格安4Kテレビとは思えない高級感あるデザインが、ムラサキコのお気に入りです♪

ゲオの格安4Kテレビハイセンス43E65Gの設置・配線・初期設定の流れ

ここでは、ゲオのテレビであるハイセンス43E65Gを購入したムラサキコが実際におこなったハイセンス43E65Gの設置・配線・初期設定の流れを紹介します。

ハイセンス43E65Gの設置・配線・初期設定はとても簡単でした♪

テレビ

今までのテレビ。

10年ものの32型テレビです。

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gの外箱。

今まで使っていたテレビよりも二回りくらい大きい感じです。

シロ氏(ミニチュアシュナウザーホワイト♂)が何事かと近寄ってきました笑。

ハイセンス(Hisense)43E65G

邪魔なので、シロ氏にはどいていただいて……

あらためて、ハイセンス(Hisense)43E65Gの外箱です。

ハイセンス(Hisense)43E65G

箱の上部に番号とテレビの型番が記載されています。

ゲオでハイセンスの格安4Kテレビを購入するときは、番号や型番を間違わないようにしましょう。

ハイセンス(Hisense)43E65G

基本的に、テレビの設置は2人でおこないましょう

(ムラサキコは1人でおこなってしまいましたが、テレビが壊れても自己責任です!)

配線

今のテレビとその他の機器がどんなふうに配線されているか事前に写真を撮ってから、コードを取り外すようにしましょう。

ホコリだらけでごめんなさい……笑。

配線

外したコードはマスキングテープを使って壁に固定しておくと、あとで配線作業がラクになるのでおすすめです。

テレビ台

旧テレビを撤去しました。

スッキリ♪

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gを箱から取り出していきます。

箱を開くとこんな感じ。

テレビの左右のスタンドが一番上にのっています。

ハイセンス(Hisense)43E65G

箱の一番上に設置時の注意に関する紙が入っていました。

ノンベゼル(Non-Bezel)デザインを採用しているハイセンス43E65Gは、液晶パネルに枠がないタイプの4Kテレビです。

パネルの縁を強く押したりぶつけたりすると、破損してしまう可能性があるので注意しましょう。

ハイセンス(Hisense)43E65G

上部の発泡スチロールを外すとこんな感じ。

リモコン

リモコン、説明書、配線コードなどが入った袋です。

リモコン、ケーブル

袋の中に入っていたのは、

  • 取扱説明書
  • 電源コード
  • 赤外線リモコン
  • リモコン用電池
  • ビデオ入力用変換アダプター
  • 転倒防止ベルト一式
  • スタンド固定用ネジ

アンテナケーブルやHDMIケーブルは付属していないので、必要に応じて自分で用意しましょう。

ハイセンス43E65GにはACASチップが内蔵されているので、B-CASカードは付属していません

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス43E65G本体を箱から取り出しました。

ハイセンス(Hisense)43E65G

袋をはずすとこんな感じ。

テレビが保護シールで覆われています。

シロ氏、テレビ画面にしっかり映ってますね笑。

ハイセンス(Hisense)43E65G

テレビ本体にスタンドを取り付けていきます。

ハイセンス(Hisense)43E65G

穴にスタンドをはめて、手でネジを仮止めします。

ハイセンス(Hisense)43E65G

プラスドライバーでしっかりネジどめします。

ハイセンス(Hisense)43E65G

右側のスタンドも取り付けます。

ハイセンス(Hisense)43E65G

テレビ本体にスタンドの取り付け完了!

テレビ画面に汚い部屋が映っています笑。

ハイセンス(Hisense)43E65G

テレビ画面の保護フィルムをはがします。

ハイセンス(Hisense)43E65G

倒れないようテレビ本体を支えながら、慎重に保護フィルムをはがしましょう。

ハイセンス(Hisense)43E65G

保護フィルムはがし完了。

ピッカピカのテレビ画面です♪

ハイセンス(Hisense)43E65G

アンテナケーブルや各機器のHDMIケーブルを配線し、電源コードもつなぎます。

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gと周辺機器の組み立て・配線・設置完了です♪

リモコン

リモコンに電池を入れます。

ハイセンス(Hisense)43E65G

リモコンでテレビの電源をONにし、テレビ画面の指示にしたがって初期設定をおこないます。

ハイセンス(Hisense)43E65G

テレビを使用する場所を選択します。

ハイセンス(Hisense)43E65G

住んでいる地域を選択します。

ハイセンス(Hisense)43E65G

郵便番号を入力します。

ハイセンス(Hisense)43E65G

地上デジタル放送の初期スキャンをおこないます。

ハイセンス(Hisense)43E65G

しばらく待ったらスキャンが完了します。

ハイセンス(Hisense)43E65G

アンテナレベルを確認します。

受信状態が良好なのを確認したら次へすすみましょう。

ハイセンス(Hisense)43E65G

映像メニューを選択します。

ムラサキコは「自動」を選択しました。

ハイセンス(Hisense)43E65G

次にネットワークの設定をおこないます。

VOD(ネット動画配信サービス)を利用するのであれば、必ずここでネットワークの設定を済ませておきましょう。

ハイセンス(Hisense)43E65G

無線LAN・有線LANを選択します。

ムラサキコは無線LANを選択しました。

ハイセンス(Hisense)43E65G

接続可能なネットワーク一覧が表示されるので、使用するSSIDを選択します。

自宅のネットワークのSSIDはルーターの側面に書かれているケースが多いので、わからない人は確認しましょう。

ハイセンス(Hisense)43E65G

暗号キーを入力します。

SSID同様、暗号キーもルーターに書かれているケースがほとんどです。

ハイセンス(Hisense)43E65G

無線LAN設定完了。

ハイセンス(Hisense)43E65G

インターネットに接続できることを確認。

ハイセンス(Hisense)43E65G

以上で、ハイセンス(Hisense)43E65Gの初期設定は完了です♪

基本的に画面の指示に従えばいいだけなので、初期設定はとても簡単でした。

そもそもハイセンス(Hisense)ってどんなメーカー?

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)とは、中国の家電メーカーです。

TVやオーディオをはじめ、冷蔵庫や洗濯機などさまざまな家電を生産しています。

ハイセンス(Hisense)は、2018年に「REGZA」で有名な東芝の子会社である「東芝映像ソリューション」を買収

そのため、ハイセンスのテレビには、東芝と共同開発した技術が使用されています。

ハイセンスは(Hisense)は、TVの世界出荷台数シェアが高い世界的な家電メーカーです。

ゲオの格安4Kテレビハイセンス43E65Gの特徴

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gは、格安なのに高品質なのが特徴の4Kテレビです。

ハイセンス43E65Gには、以下のような特徴があります。

高画質映像エンジン「NEOエンジンLite」搭載

ハイセンス43E65Gには高画質映像エンジン「NEOエンジンLite」が搭載されており、格安4Kテレビとは思えないほど高画質でキレイな映像を楽しめます。

NEOエンジンLiteには、以下のような機能があります。

【HDR再現処理】
ダイナミックレジン・特性を合わせ、正確なコントラスト表現で奥行きのあるリアルな映像を再現。明るいシーンでも鮮やかで美しい色合いを保持します。

【テクスチャー復元】
彩度に適した輝度に調整。コントラストを際立たせて引き締めることで、奥行・質感豊かな立体的映像にしています。

【自動画質調整】
部屋の明るさなど、テレビを視聴する環境の変化に合わせて画質を柔軟に調整。視聴するコンテンツに適した画質調整も自動でしてくれます。

【エリア別クリア復元】
映像の特徴に合わせて、テレビ画面の複数のエリアを解析。ディティールの細かい部分では精細感の引き上げ、平坦な部分はより映像がなめらかになるようノイズリダクションを実施します。

【クリアノイズ処理】
映像のエッジ部や平坦部を識別。ノイズの種類に合わせて処理し、よりクリアな画像にしてくれます。小さな文字の周囲やエッジ周辺、処理範囲が広いときに出るさまざまなノイズを減らしてくれます。

NEOエンジンLiteの機能によって高画質な映像を実現しているのが、格安4Kテレビハイセンス43E65Gの特徴です。

豊富な映像モード

映像モードが豊富なのも、ゲオの格安4Kテレビハイセンス(Hisense)43E65Gの特徴。

ハイセンス43E65Gには、以下の7種類の映像モードがあり、好みや目的に合わせて選択できます。

【自動】
周囲の明るさや映像の内容に合わせて、適した画質に自動調整してくれます。

【ダイナミック】
日中の明るい場所で、迫力ある映像を見るのに適しています。

【スタンダード】
室内で、落ち着いた雰囲気で映像を見るのに適した設定です。

【スポーツ】
スポーツの試合などを見るときに適した設定です。

【アニメ】
アニメ番組を見るのに適した設定です。

【映画】
暖かみのある色合いを再現してくれる、映画を見るのに適した設定です。

【ゲーム】
ゲームで遊ぶのに適した設定。ゲームのレスポンスを重視した映像モードです。

【PC】
パソコンの画面をテレビに表示するときに適した設定です。

映像モードを目的に合わせて選択できれば、快適&ストレスフリーで映像を視聴したりゲームで遊んだりできますね♪

eilex PRISM & eilex FOCUS 採用の高音質

ハイセンス(Hisense)43E65Gは「eilex PRISM」と「eilex FOCUS」を採用しており、臨場感ある高音質を楽しめるのも特徴。

eilex PRISMは、最先端の音響最適補正技術です。

eilex PRISMのVIRフィルターによって、高精度&明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を楽しめます。

アーティストが意図したとおりに音楽や映画などをアーティスト再生できるので、テレビで映画や音楽を見たり聞いたりする機会が多い人にもおすすめです。

Eilex Focusは、デジタル圧縮によって失われた周波数軸上の弱い信号を修復・補償して音質を改善してくれる技術

残された信号から捨てられた高調波を作り出して元の音声信号に加え、音のディテールや明瞭度、ニュアンスなどを再現してくれます。

格安4Kテレビにもある程度の高音質を求める人に、ゲオのハイセンス(Hisense)43E65Gはおすすめです♪

VODアプリを豊富に搭載

VOD(ネット動画配信サービス)アプリを豊富に搭載しているのも、ハイセンス(Hisense)43E65Gの特徴です。

2023年3月現在、ハイセンス43E65Gには以下のようなVODアプリが搭載されています。

  • Netflix
  • Youtube
  • AmazonPrimeVideo
  • Disney+
  • AbemaTV
  • hulu
  • dTV
  • U-NEXT
  • RakutenTV
  • Paravi
  • DMM.com
  • SPOOX
  • TSUTAYATV

とくに、「Netflix」「Youtube」「AmazonPrimeVideo」「hulu」「AbemaTV」「U-NEXT」の6つのVODアプリはリモコンにボタンがありボタン1つでダイレクトにVODアプリを起動できるので便利です。

テレビで快適にVODを楽しみたい人に、ゲオの格安4Kテレビハイセンス43E65Gはおすすめです♪

Alexaを搭載したスマートスピーカーに対応

Alexaを搭載したスマートスピーカーに対応しているのも、ハイセンス(Hisense)43E65Gのおすすめポイント。

スマートスピーカーをハイセンス43E65Gと連携させれば、チャンネルの変更やテレビの電源OFFを話しかけるだけでおこなえるので、料理中や就寝時も便利です。

普段Alexaを搭載したスマートスピーカーを使用している人にも、ゲオの格安4Kテレビはおすすめといえますね♪

市販のUSB HDDに対応

市販のUSB HDDに対応しているのも、ハイセンス(Hisense)43E65Gの特徴。

DVDレコーダーやブルーレイレコーダーなどがなくても、市販のUSB HDD(ハードディスク)を接続すればテレビ番組を録画できます。

ハイセンス43E65GにはBS/CS 4Kチューナーが内蔵されているので、新4K衛生放送の録画も可能です。

ハイセンス43E65GでUSB HDD(ハードディスク)に録画した映像は、他の機器では再生できません。

同じ型番のテレビでも同様に再生できないので、注意しましょう。

「マイフォルダ」で録画番組を家族それぞれのフォルダに分けられる

ハイセンス(Hisense)43E65Gは、録画番組を家族それぞれのフォルダに分けられます

「マイフォルダ」を使用することで、録画した番組を家族それぞれのフォルダに分別可能。

録画番組を手間なく整理したい人に、ハイセンス43E65Gはおすすめのテレビといえるでしょう。

録画予約時にフォルダを指定するだけなので、簡単に録画番組を分けられますよ。

Non-Bezelでスマートなデザイン

Non-Bezel(ノンベゼル)でスマートなデザインなのも、ハイセンス(Hisense)43E65Gの特徴です。

ハイセンス43E65Gのテレビ画面には縁がほとんどないため、視聴中もテレビの枠が気にならず迫力ある映像を楽しめます。

格安4Kテレビとは思えない、高級感のあるデザインにムラサキコも満足しています♪

ハイセンス43E65Gはどこで購入できる?

ハイセンス(Hisense)43E65G

ハイセンス(Hisense)43E65Gは、基本的にゲオの店舗とゲオのオンラインストアである「ゲオオンライン(GEO ONLINE)」で購入できます。

楽天市場やヤフーショッピングでも一部取り扱いがあるようです。

2023年3月現在、ゲオオンラインストアでは、ハイセンス43E65Gをセール価格税込47,080円(送料無料)※1で販売しています。

ゲオの格安4Kテレビであるハイセンス43E65Gは、ゲオの店舗やゲオオンラインでの購入がおすすめです♪

ムラサキコはゲオの店舗でハイセンス43E65Gを購入しましたが、セール価格税込47,080円で購入できましたよ♪

※1:新生活応援フェア2023年4月12日まで:ゲオ公式通販サイト/ゲオオンラインストア【新品】ハイセンス 4Kチューナー内蔵43V型液晶テレビ 43E65G/ハイセンス: 家電

ゲオのテレビハイセンス43E65Gは高コスパ♪買ってよかった♪

ハイセンス(Hisense)43E65G

あくまで個人的な意見ですが、「この品質の43型4Kテレビを5万円以内で購入できるなんて素晴らしい!買ってよかった♪」というのが、ハイセンス(Hisense)43E65Gを購入して実際に使ってみたムラサキコの素直な感想です。

一番の目的であるPS5のゲームを高画質でプレイしたいという願いをかなえるには、十分すぎるほどのテレビでした。

ムラサキコはハイセンス43E65Gをゲオの店舗で購入しましたが、ゲオのオンラインショップでも購入できます

画質や機能に強いこだわりがあるという人には不向きかもしれませんが、「そこそこ高画質で最低限の機能がついた格安4Kテレビが欲しい!」という人にはゲオの格安4Kテレビハイセンスはおすすめ♪

気になる人は、ゲオの店舗やゲオのオンラインショップでハイセンスの高コスパ格安4Kテレビをチェックしてみてくださいね♪

ゲオで販売しているハイセンスの格安4Kテレビには50V型(50E65G)もあります。

50型の4Kテレビ購入を検討している人にも、ハイセンスの格安4Kテレビはおすすめです♪